血糖値のピークは食べものによって違ってきますか?

詳しい方教えて下さい。食べ物による血糖値のピークの違いについてです。

私は現在、二型糖尿病で食事療法中です。Hba1c5.6とか5.7とか程度で安定してますが、元々は10近くありました。服薬なしで減量にて2年程安定しています。

ただ、たまに糖質を摂りすぎたりすれば食後高血糖がある気がしますし、空腹時血糖値が朝に100を超えていて、まだまだ制限が足りないと感じ、血糖値測定器を買い、更にしっかり食後制限をするようになりました。
それからはまだ受診していませんのでHba1cはまだ測っていません。

さて血糖値測定器を購入し、空腹時血糖値は70台~80台になっている事を確認出来ました。食後制限が効果を成しています。

なので食後も高血糖になることはありませんが、たとえば同じ程度の糖質量でも、80→一時間後105→一時間半後→95という風にベタな動きをする時と、80→一時間85→一時間半後90→二時間後→99と低めで段々上がってしまう時があります。

ということはピークが2時間後ということになります。
糖尿病ではピークが遅くなるのは理解していますが、一時間でピークが来る時は必ず100を超えて、二時間後に来る時は必ず血糖値は低いままです。

つまり、食べる時間によるものか、もしくは、食べ物によるものか。
このような場合は、やはりどちらも測らなければピークが分かりませんよね?
測定用の検査チップも高価なので、うまい方法があれば良いのですが。

食品によってピークが後ろにズレることは良くあることなのでしょうか?

回答

担当医から、打つインスリンを食後にするように指示されています。
また、パスタは血糖値の上昇が緩やかである反面忘れた頃にグッと上がる傾向がありますね。
これは1型糖尿病の人だとよく経験することみたいですね。

血糖値の自己測定は食前だけすればいいというものではありません。
それでは食後に高血糖が生じているのかどうかがわかりませんからね。

私は月に最低2回は毎食前と2時間後、就寝前の1日に7回測定するように指示されています。
血糖測定のタイミングは担当医から指示が出るものなので、素人が「これでいい」など言える筈がありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする