血糖値とヘモグロビン(HbA1c)はどう違うのですか?

以前から気になっていたのですが、私が血液検査をすると、血糖値がいくつと数値で結果が出てきます。
しかし、糖尿病の気のある私の父はヘモグロビンの値がいくつとか言われるそうです。

血糖値とヘモグロビン値というのはどう違うのでしょうか?

回答

血糖値は測定時の状態や体調により時々刻々変わります(血圧や風速と同じです)。
ヘモグロビンA1Cは、ヘモグロビンの寿命を利用した一応120日までの平均血糖値を表すと言われています。

日本では無理矢理、1~2ヶ月の平均値だと定義して、毎月の検査をやっている医療機関が多いです=推測ですが測定器の償却か検査料稼ぎかと思います。

アメリカでは3ヶ月に1回しか測定しないと医師に言われたことがありまして、その際、方程式を教えてくれました。
平均血糖値=(HbA1C×31.7)-66.1でした。

これに当てはめてみると、今、専門医が推奨している6.5%以下というのはまぁ1~2ヶ月として平均血糖値が140なのだと。
因みに70歳糖尿病歴26年ですが自分が主治医になって以来、健康です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする